ピル効果

ピル効果

 

ピルの効果を引き出す為に出来るだけピルに対する誤解等を当サイトで解いていって欲しいと思います。

 

偉そうな下りから入り申し訳ありません。けれど、服用するからには、効能を充分に引きだす云々の前にピルが、どういった物か正しく把握しておく必要が有ると思いましたので。

 

 

まず、仮にピルに余り、良いイメージを持てなくて否定的な捉え方をしてる方が居ましたら、一度、思い切って、その先入観を捨ててみて下さい。

 

ピルについての有りのままの情報を包み隠さず、下記に述べますので、今一度
ピルについて考えてみて下さい。

 

ピルは、21日間、毎日同じ時間に継続して服用する事で避妊・生理痛・生理不順改善・PMSの軽減・更年期障害にも、しっかり働きかけてくれます。

 

女性ホルモン環境に働きかける事で、これ等の問題に対応してくれます。

 

21日間、しっかり服用した後、7日間、実薬の服用を休みます。この7日間の休薬期間の間に出血(消退出血)が起こります。

 

因みに、この7日間の休薬を正確に把握する目的と服用の習慣を身に着ける目的で偽薬がセットになってる28錠タイプが有ります。

 

7日以上の休薬は危険ですので慣れてない場合は28錠タイプを勧めます。

 

余談を失礼しました、さて、副作用として吐き気・めまい・頭痛・腹痛等が挙げられてますが程度は極軽く、しかも、その副作用の症状も服用から2〜4日で消えて行きます。

 

挙げられる副作用症状で思わず引いてしまうかもしれませんが、日常生活に支障が出るようなレベルではありません。

 

ピルはまず卵胞に働きかけ、排卵を止めます。従って、ピルを服用してからは「生理」が止まります。

 

止まるというと出血も完全に止まるイメージを与えてしまうかもしれませんが、「消退出血」という現象が起き、出血と共に不要になった内膜を剥がします。

 

純粋の生理が排卵を伴うのに対し、ピル服用後、休薬期間中に起こる出血は排卵を伴わないので「消退出血」と区別をつけてます。

 

ピルに対する偏見が解けピル効果を実感したいた方はこちらを参照ください

 

低用量ピル

 

低用量ピルとはホルモン含有量が極少量のホルモン剤です。

 

「低用量」と頭に敢えて付くことで予想は付くかと思いますが、中用量・高用量とあり、含有量は3段階になってます。

 

用途・病状に合わせ医師が最も患者に適してると思う量を処方します。

 

このコーナーでは低用量ピルについて述べて行きたいと思います。このストレス社会、精神的にも抱えきれない物を抱える人は多いのではないでしょうか。その抱えきれないストレスは女性ホルモンにも良くない影響を与えています。

 

 

ストレスの影響を受けて、生理不順になったりするケースは珍しい事ではありません。根本的にストレスの要因となってるものが解消されたり、上手にストレスを発散して溜め込まないのがベストなのですが一筋縄ではいきませんね。

 

けれど、乱れてしまった生理のリズムは医師に相談の上でピルを服用する事で安定してきます。

 

因みに低用量ピルには高い避妊効果が有りますね。避妊は考えてないから別の薬で良い!と思う方も居るかもしれませんが生理不順の改善には低用量ピルが最も適してる言えるでしょう。

 

身体に入った低用量ピルは、まず卵胞に働きかけます。そうする事で疲れて働きが乱れてる卵巣を一旦休ませ(排卵を止める)リセットさせる目的が有ります。

 

因みに、この卵胞に働きかける作用を以て同時に避妊効果を引き出してます。

 

ただ、24時間以上の飲み忘れは予期せぬ排卵を招いたり不正出血を起こしたりと安易に間違った飲み方が出来ないので服用に際し、慎重になる必要が有ります。

 

確実に服用すればメインの目的に対してもしっかり効能を発揮する上に肌質も改善するし重い生理痛に悩んでた人も痛みが軽くなったりと生活の質も高められると考えられます。

 

低用量ピルの効能と注意事項に納得でき、ピルを使いたい方は参照ください

 

ピル飲み忘れ

 

ピルの飲み忘れの際のリスクと対処法を詳しく解説していきます。

 

上記のコーナーで少し触れましたように、1日以上の飲み忘れは色んなリスクをもたらします。不正出血だったり、飲み忘れた事に気付かず避妊を行わない性交が有ったりすると予期せぬ妊娠という事態も招きかねません。

 

もし、そのような状況に陥った場合は速やかに緊急避妊を行ってください。事後緊急避妊薬で望まない妊娠を回避してください。

 

いわゆるアフターピルと呼ばれる、高用量ピルは事後、72時間以内に服用する事で望まない妊娠を回避します。

 

では、それ以外のケースでは、どう対応するべきなのでしょう。何日目に何錠飲み忘れたか等で対処法が違ってきます。下記の図を参考に落ち着いて行動してください。

 

 

こういった対処法の他、確実に、シンプルにリセットする為に、一旦、残りの
ピルを捨てて次の生理を待って服用を再開する方法もあります。

 

(捨てずに予備に取っておいても構わないと思いますが、小児の手の届かな所に置きましょう)

 

ただ、この場合は服用を中止して次の生理を待ってる間は、勿論、それまで継続されてた避妊効果は無効となってますので性交を行う際はコンドームを用いてしっかり避妊に努めてください。

 

因みに、勿論、正常な、飲み忘れなど一切ない7日間の休薬期間中は避妊効果もしっかり継続されてますので、この限りではありません。出血の有無は一切気にせず、7日間の休薬明け8日目からはまた新しいシートを服用してください。

 

ピルを飲み忘れた場合の対処法も把握し、ピルと上手に付き合える方は此方から

 

ピル値段

 

貴女にとってピルの値段安いですか?高いですか?当然人それぞれピルに対する価値観も違ってきますので私が一概に高いも安いも言えませんが。

 

因みに1年間ピルを服用するとして、2万〜3万が掛かるとされてます。治療を目的としない場合は自由診療に成りますので、高いと思うかもしれませんが、これ位は、やはり見ておいた方が良いですね。

 

 

ここで年間に1万も差が出る事に疑問に思う方も居るかもしれませんが、自由診療ですので病院によって請求される金額が違ってきます。

 

これほど差が出るのは何も別段、不自然な事ではありません。

 

出来るなら少しでも安く抑えたいと考えるかもしれませんが。
安ければ良い!という訳でなく信頼できる先生に巡り会うのが一番ですね。

 

でも高いのは金銭的にしんどい!という方もご安心ください。信頼できる先生と出会いピルにも慣れてきましたら通販を利用するという手もあります。

 

信頼のおける個人輸入サイトより低用量ピルを取り寄せればピルに掛かる費用は抑える事が可能です。

 

割安になる、まとめ買いも有ります。ただこれも、信頼のおけるサイトを出会う事が必須なのですが。

 

情報が氾濫する中で信頼して良いサイトを見付けるのも至難の業ですよね。女性の健康をも左右するピルを間違っても偽物・粗悪品等買いたくないですよね。

 

まずは情報収集しながら慎重に通販サイトを選びましょう。

 

 

ピルの値段を抑えたいけど安心・安全・低価格も譲れないという方はこちらから

 

ピル種類

 

一言でピルと言ってもピルの種類って思いの外沢山あるんですよね。

 

日本でも少しずつ浸透してきてるピルですが深く見て行くと一般に広く使われてる低用量ピル、治療用で用いられる事が多い中用量ピル。緊急避妊・又は治療目的で用いられる高用量ピル。

 

低用量の中では更に1相性と3相性で別れてますようにピルの種類が思いの外多い事が判りますね。因みに1相性と3相性の違いを述べます。

 

1相性とは実薬21錠有るわけですが、総ての錠剤のホルモン含有量が一定で変化を付けないタイプで生理日の調整が比較的容易と言うメリットが有ります。また21錠全て同じ含有量ですので飲み間違いが起こりません。

 

対して3相性はホルモン含有量に3段階の「メリハリ」を付け、よりナチュラルなホルモン変化をもたらし不正出血などの予期せぬトラブルを予防します。

 

ただ、3相性の場合は、飲み間違えると不正出血を起こしたりする事が有ります。

 

更に細かい事を言いますと21錠タイプと28錠タイプが有ります。21錠の実薬を服用後に、休薬期間のより正確な把握・また服薬の習慣を付ける目的で7錠の偽薬が付いてるタイプと付いてないタイプです。

 

ピルと言うと避妊のイメージが根強いかと思いますが、確かに避妊をメインの目的として処方される事が非常に多いのですが、生理不順を改善する目的が有ったり生理痛を軽減させる目的が有ったり、重い月経困難症の改善を目的とする場合があります。

 

これ等の症状・用途に用いられるのが低用量ピルです。

 

 

低用量ピルは種類が多すぎて何を選んで良いか判らなくなるかもしれませんが服用目的を明確にした上で最終的に選択のポイントはナチュラルなホルモン変化をもたらし、不正出血を抑えながら効果を実感する3相性タイプか。

 

何かと生理日を調整したい機会が多い方は1相性ピルを選択しましょう。

 

ピルの種類をもう少し把握したいという方はこちらの詳細を参照ください

 

ピル効果いつから

 

 ピルの効果っていつから期待できるの?よくある質問ですね。服用の目的が避妊である場合、生理の初日から服用を開始するという条件でその日から避妊の効果が発揮されます。

 

低用量ピルはトリプルで避妊に働きかけます。
まず卵胞に、しっかりと働きかけ

 

まだ目覚める力の弱い卵胞をしっかり

 

押さえ込んで眠らせるので排卵を起こさないからです。

 

更に子宮内膜の増殖を抑え、着床を邪魔します。仕上げに子宮頚管の粘液を精子が子宮に入りにくくするように変化します。

 

ただ、生理が始まって最初の日曜に服用するサンデータイプで服用を始めた場合は卵胞もある程度、活発になってますので低用量ピルでは直ぐには卵胞を抑えられませんので避妊効果が現れるまで1週間を要します。

 

ただ、効果が現れる時期を越えても妊娠は予防出来ても性病は防ぎ切れませんのでコンドームの使用を推奨します。

 

因みに、生理の初日から服用を始めても、飲み忘れが生じてしまうと効果は薄れてしまいますので注意しましょう。

 

飲み忘れに気付き、直ぐに服用するなど対処が出来た場合は良いのですが、気付かないで性交に及んでしまうと場合によっては緊急避妊処置が必要になります。

 

飲み忘れ等の誰でも起こしやすいミスを防ぐために、日頃の習慣に関連付けて服用時間を設定するとミスも防げるかと思います。

 

ピルの効果がいつから表れるか等詳しく把握したい方は詳細を参照ください

 

ピルケース

 

 ピルケースとかって皆さん何を基準に選ばれますか?私は至ってシンプルなピルケースを使ってるんですが、泊りで外出する際は非常に便利ですね。

 

私は、子宮の疾患以外にもあるホルモン疾患を抱えていて、2.5錠という中途半端な量のホルモン剤を服用しないとならなくて、いつも薬をカットするのに苦労していたんですが。

 

偶然にも新しいピルケースを探してる時にピルカッター兼ピルケースと言うものを見付けまして。

 

それまで不器用な私は、怖々とカッターで割ってたんですが力加減を誤り、何度錠剤を紛失した事か(;一_一)

 

カッター機能?付と知り思わず飛びついてしまいましたが。とにかく使い勝手が良いんですよね。

 

以来、どこかに錠剤を飛ばし紛失する事が無くなりました。

 

まー低用量ピルをピルカッターでカットする必要は、まず無いのですが。

 

でも、デザインとか機能性とか色々充実したピルケースが多くあるんですね。

 

 

例えば曜日のシールが付いた物とか、持ってるだけでテンションが上がりそうな可愛いデザインのピルケースとか。

 

思わず目移りしちゃう物が多いですよね。たかがピルケースと言われるかもしれませんが、されどピルケース。日々お世話になる物ですから使い勝手の良い物。

 

デザインも飽きが来ない物を選ぶのが一番ですね。ピルカッター機能なんて必要ない!と考える方も居るかもしれませんが。

 

有って邪魔になる機能ではありませんので一つお手元に置いておくのも良いのではないでしょうか。

 

機能性重視のピルケース・ピルカッターを希望の方はこちらをお勧めします

 

緊急避妊薬

 

避妊に失敗した!でも緊急避妊薬が手元に無い!しかも休診日!でも大丈夫!
低用量ピルも緊急避妊薬の代用が可能です。

 

とは言え、お手元の低用量ピルが3相性である事が条件なのですが。守るべき条件はいずれも同様です。

 

行為から72時間以内である事と、服用しようとしてる時点で妊娠が成立してない事等、最低限逸脱してはいけない条件は普通のアフターピルと同じです。

 

「結果」の待ち方も同様です。性行為後72時間以内に服用の処置を取り消退出血を待ちます。3相性ピルでの緊急避妊方法は黄色い錠剤を4錠。その12時間後に残りの4錠を服用します。

 

避妊失敗は他人事ではありません。お守りとしてアフターピルを常備しておくことをお勧めします。

 

昨今のアフターピルは改良が重ねられ負担も極限に抑えられてます。万が一に備えアイピルを常備する事を推奨します。

 

アイピルなら一回のみ、しかも1錠で済むのです。一切の煩わしさが無いですね。後は穏やかな気持ちで消退出血を待つだけです。

 

病院で万が一に備えて処方してくださいと言うのは出来ませんので、「お守り」は通販で取り寄せましょう。(出来ない理由を下記に述べます)

 

アフターピルなど、どこの産婦人科も扱ってそうなイメージですが、実はそうではないので、事前の情報収集も重要になって来ます。

 

 

アフターピルの処方の方法は窓口で薬を受け取り会計して帰るという普通の流れでは無く、医師の目の前で服用する方法が取られます。

 

仮に既成事実が無いのに避妊に失敗したと言って受診すると、問診のみで処方されますので必要も無いのに、その場でアフターピルを服用する流れになってしまいます。

 

処方をしてもらえるのですが、家に帰って飲みますというのは通用しませんので持ち帰ることは出来ないのです。

 

けれど実際に既成事実が起きてしまえば起きたで、焦ってる精神状態で確認すべき事を漏れなく確認できる保証なんて無いですね。

 

だからこそ、「お守りを」取り寄せ常備しておくことを推奨します。

 

真剣に避妊を考える方はアフターピルと併せて低用量ピルも検討ください