ピル効果

アフターピル

 

アフターピルはネットの普及もあり、日本でも徐々に浸透してるのではないでしょうか。

 

まだピルに関しては発展途上国の感が否めない我が国、日本ですが。

 

女性が望まない妊娠を回避するための最後の砦となるアフターピルについて詳しく解説したいと思います。

 

 

予期せぬ妊娠を回避する最後の砦と申しましたが、まさに、その通りで、事前の避妊措置が取れなかった場合(コンドームを付け忘れた・低用量ピルの飲み忘れが有った・強姦被害に遭った等)も事後72時間以内に服用する事で妊娠を回避する事が可能です。

 

以前から緊急避妊薬は有ったのですが、一昔前のアフターピルは、副作用も出やすく、女性が更なる負担を背負っていたのですが昨今の緊急避妊薬は女性の身体に掛かる負担を極限まで抑えた物になってます。

 

「アイピル」は、まさに、その集大成と言えると思います。事後、産婦人科に駆け込み処置をしてもらう方法も決して間違いではありませんが。

 

どこの産婦人科でもアフターピルを扱ってるという訳ではありませんし、保険診療外ですので、自費での請求が発生しますので5000円〜7000円の負担を強いられます。

 

事後から72時間の猶予が有るとはいえ金銭的な負担等、色々ストレスに成りますよね。これらのストレスを背負い込まない為に通販でアイピル等の緊急避妊薬を取り寄せておく事をお勧めします。

 

素早い自己防衛の為に、通販で安く賢くアフターピルを取り寄せましょう。