ピル効果

消退出血とは

 

消退出血と生理って、何がどう違うの?説明を受けるも判ったような判らないような(;一_一)モヤっとしてると気持ち悪いので一緒に勉強していきましょう。

 

ナチュラルな生理とは卵胞ホルモン(エストロゲン)と女性ホルモン(プロゲステロン)が絶妙なバランスを取り、滞り無く凡そ28日周期で不要になった卵子と子宮内膜を排出する事を指します。

 

一方で消退出血はピルにより排卵を抑えられてるが、絶妙なホルモン含有量で人工的に子宮の内膜を剥がし出血させる状態を指す。

 

何と言いますか、排卵を抑え、子宮内膜が厚くなるのを抑制し、妊娠の成立を阻む状態を意図的に作り上げた上で不要な内膜を排出する状態を消退出血と位置付けているようですね。

 

 

この消退出血、避妊成功の証ですね。避妊目的で服用してる方は、その証を以て安心を得ているのではないでしょうか。

 

別段、心当たりが無い方は余裕で出血を待ってられますが、低用量ピルの飲み忘れが有る状態で気付かずに避妊せず性交してしまい事後緊急避妊薬を服用し消退出血をひたすら待ってる人は安堵感も大きいのではないでしょうか。

 

低用量ピルの場合は21日間滞りなくしっかり飲むことで休薬期間中に消退出血が有るので継続して服用していく中でタイミングも判って来るとは思いますので何かと計画も立て易くなるのではないでしょうか。

 

時には消退出血のタイミングをコントロールして快適に過ごしましょう